topimage

2016-12

12/10(土)タイの地方(東北部)料理クラス - 2016.12.15 Thu

12月10日(土)13時~ 「タイの地方(東北部)料理クラス

今年最後のタイ料理クラスのタイ料理クラスの様子をご紹介します。

メニューは、「鶏肉のあぶり焼き ไก่ย่าง(ガイ・ヤーン)」と
カニ入りソムタム「ส้มตำปูเค็ม(ソムタム・プーケム)」。
イサーン料理ファンにはたまらない2品ですね。

おなじみの当センター名コンビ。ダー先生と通訳の石川です。
調理台の上には、デモンストレーションで使われる数々の材料と、
タイ料理になくてはならない石臼の準備が。
1.jpg

この日は2品とも石臼大活躍。
ただ叩いたりつぶしたりするのではなく、お料理によって使われ方が異なるので、
お料理教室では、プロの使い方を身近で見られる点にメリットあり。
2.jpg

「ガイ(鶏)・ヤーン(焼く)」を単純に訳すと、「焼き鶏?」なのですが、
あのタイでもそそられる香ばしい香りには、実はしっかりした下準備が
なされているのです。
3.jpg

こちらは「ガイ・ヤーン」用のタレ。
おなじみの唐辛子やナムプラーだけではなく、
レモン汁、パームシュガーなども入っています。
4.jpg

ダー先生のお肉を切り分ける図。
5.jpg

この日の材料。お次はソムタムです。
6.jpg

まずは青パパイヤの切り方の説明。
7.jpg

黒いタイプとはまた違った石臼使用。
8.jpg

先生が手に持っているのは、「プー」こと、塩漬けのカニ。
カニが入るだけで、いわゆるソムタムとはまったく違う
「東北風」のソムタムになるのです。
9.jpg

ご受講生のご試食用を丁寧に分けます。
10.jpg

さあ、いよいよ実習スタート!
勢いよく煙の上がる調理台の火加減を
ダー先生が見回り点検。
11.jpg

まさに東北の食卓ができあがりつつある光景。
IMG_2373.jpg

次回のタイの地方料理クラスは、2017年1月21日(土)13時~
「北部料理」をご紹介いたします。
お席もまだございますので、ご興味のある方はぜひ
お申し込みくださいね。

新年も皆様のお越しを講師・スタッフ一同心よりお待ちしております。
スポンサーサイト

Thai TEC忘年会 - 2016.12.09 Fri

先日、Thai TECの講師&スタッフ全員で、今年の忘年会を行いました。

場所は、Thai TECから徒歩2分のゲウチャイ江東橋店

席に着くなり、それぞれ頭の中で考えてていた料理(食べたいもの)を一気に注文。 

「なに食べる~?」の相談が一切不要な、
タイ料理に関してとにかく楽なメンバーです(笑)


外でみんなで食べるのは久しぶりですので、
とにかく、ひたすら料理を味わう会に徹しました。

「これ、美味しい、食べてみて」

「これ、もっとこの調味料足すといいよ」

「あ、これに合わせてあれも注文しよう!」

「こうきたら、次はあれだね」

と、ここまで食べる事だけに集中する忘年会もめずらしいかと・・・(^∇^)


(奥) カナー・ムー・クロップ
(手前) ガイ・ヤーン

2016120904.jpg


(左奥) ネーム・クルック
(手前) カーオパット・プゥ

2016120902.jpg


カノムチーン・ナムヤー

2016120903.jpg


パッ・シィーユ

2016120908.jpg


もちろん、デザートも!
上から時計回りに
アイティム・カティ
ブアローイ
タプティム・グロープ

2016120901.jpg

どれも本当に美味しかったです。
皆、大満足!
他にも写真に写ってないいろいろを堪能しました!

そして、

現在、ゲウチャイ江東橋店では、ガラス面に描かれた素敵な絵を見る事ができます。

こちらはゲウチャイのタイ人スタッフ ギップちゃんが描いたイラストです。

ギップちゃんはタイの有名な芸大出身で、現在は日本で洋服のデザインを学んでいます。


こちらのガラス面にはタイの名所が描かれています。
しかし、外国人の書く日本語はなぜこんなにかわいいのでしょう。

2016120906.jpg

そして、こちらはプミポン国王のイラスト

「タイ人の心」

というメッセージが書かれています。

2016120905.jpg

プミポン国王への敬愛の気持ちが込められたあたたかい絵に私たちの心も癒されました。

錦糸町にお出での際はぜひチェックしてみてくださいね!


12/5 ワンプレートタイ料理クラス - 2016.12.08 Thu

12月5日(月)19時~
ワンプレートタイ料理クラス

この日のメニューは、下記2品です。

鶏肉のスパイス炊き込みご飯
 ข้าวหมกไก่(カーオ・モック・ガイ)

高菜漬けのスープ
 แกงจืดผักกาดดอง(ゲーンジュート・パッカードーン)

ターメリックの香り豊かで、鶏肉のだしが
しっかりしみ込んだ炊き込みご飯と、
ご飯に合うスープを作ります。

IMG_2323.jpg

みなさんを迎える前、おなじみのダー先生スマイル。

IMG_2324.jpg

まずは先生のデモンストレーション。
左中の写真は素揚げしたホームデーン
(タイの赤たまねぎ)で、
「カーオ・モック・ガイ」最後の盛り付け時にも使います。

鶏肉を炒め、カレーペーストを炒め、
今度はバスティマライスを加えて炒め・・・
その後お鍋に移して鶏肉などといっしょに炊き込みます。

IMG_2325.jpg

さあ実習です。

IMG_2326.jpg

場面場面で先生の細かい指導が入ります。
写真は盛り付け指導時です。

IMG_2327.jpg

先ほどのホームデーンもしっかりのっていますね♪
タレとつけあわせの野菜といっしょにいただきます。
このクラスではもちろん、タレも手づくりです!

さて、来月の「ワンプレートタイ料理クラス」は
2017年1月17日(火)19時~
メニューは、

ライスヌードルのカニ焼きそば
 เส้นจันท์ผัดปู センチャン・パット・プー
レモングラスティー
 ชาตะไคร้ チャー・タクライ

お申し込みお待ちしております。

最後になりましたが、5日にお越しいただいたみなさま
ご来校ありがとうございました!

12/3 先生のオススメタイ料理クラス - 2016.12.07 Wed

12/3(土)の先生のオススメタイ料理クラスは
この季節にぴったり! タイスキのレッスンが行われました。
美味しいタレはもちろん、つみれとは違うプリプリのすりみボール
ルークチンも手作りします。

作る前の野菜やお肉の盛り付けも美しく、参考になります。
2016120801.jpg


この日のカメラマンはダー先生の娘、ガッチャン。
先生のこの表情はガッチャンでなければ撮れませんね。

2016120802.jpg


今日の授業のメインでもあるタレ。これさえ習得したら怖いものなしです。
なんと、15種類の調味料や材料を使っています。

2016120803.jpg


タレを作るコツを書きとめる生徒さん。

2016120804.jpg


続きまして、ルークチン作りのレッスンです。

豚肉を、ねばりがでるまでフードプロセッサーにかけます。
ルークチンに使う豚肉はどの部位がよいのか、粘りが出やすくなるコツ、
ある材料を使うとツルッとなめらかなボールができる・・・というお話がありました。

2016120805.jpg


鍋に水を入れて火にかけ、豚肉を丸めながら落としてゆでます。

2016120806.jpg


火が通り、浮き上がってきたらすくいあげます。

2016120807.jpg


具が煮えてきたら、溶き卵をすーっと落とします。

2016120808.jpg


特製のタレをつけて召し上がれ。

2016120809.jpg

土曜日のお昼にぴったりなメニューでした。

ご参加いただきました受講生の皆さま、ありがとうございました!

11/29 先生の気まぐれタイ料理クラス - 2016.12.07 Wed

先週火曜日の先生の気まぐれタイ料理クラスは
クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の蒸し焼き)の授業が行われました。

クン=エビ
オップ=熱を閉じ込めて加熱する調理法
ウンセン=春雨

という意味です

中国料理をアレンジした、タイ中部地方の料理です。

2016120701.jpg


調味料を合わせた春雨を加え、フライパンでやわらかくなるまで炒めます。

2016120702.jpg


鍋にパクチーの根、セロリの茎などを入れて火にかけ、
ふたをして香りがでるまで加熱します。

2016120703.jpg


よい香りです♪ ダー先生もよい出来に思わず笑顔。

2016120704.jpg


まずは試食して味を覚えます。

2016120705.jpg


さぁ、皆さんで作ってみましょう!

2016120708.jpg

2016120707.jpg


完成したダー先生のクン・オップ・ウンセンです。 
エビのうま味をたっぷりと吸い上げた蒸し焼き春雨と、
それらを盛り上げるハーブと調味料。 美味しそう!

2016120706.jpg

受講生のみなさま、本日もご参加いただきましてありがとうございました!


11/26 タイの地方(北部)料理クラス - 2016.12.06 Tue

11月26日(土)13時~
タイの地方料理クラス」の様子をご紹介します。

この日は「北部料理」。
メニューは
「サイウア(ไส้อั่ว)」と
「青唐辛子のディップ น้ำพริกหนุ่ม(ナムプリック・ヌム)」
チェンマイなどのタイ北部ファンなら、
きっと大好きメニューに違いありません。

IMG_2287.jpg

「サイウア」は「北タイソーセージ」なんて呼ばれ方もしています。
あっ!見たことある!という方も多いのでは?

「ナムプリック・ヌム」ももちろん、代表的な北タイ料理なのですが、
どうしてもこの日は詰めものが気になってしかたがありません。

IMG_2294.jpg

先生のデモンストレーション。
サイウアがどんどん長くなってゆくのがわかります。

IMG_2295.jpg

次に先生の熱意のある指導の様子。
この会は当センターの石けんカービング担当、
オラニー先生にもお越しいただきました♪

IMG_2297.jpg

さあ、ここからはご受講生のみなさまの奮闘篇です。

IMG_2296.jpg

IMG_2297.jpg

IMG_2298.jpg

みなさま器用に詰めていらっしゃいますね♪
ポイントは「お肉を詰め過ぎないように」だそうです。
せっかく一生懸命詰めても、火を通して破裂してしまったら
残念ですよね。

サイウアも、ナムプリック・ヌムも、
やっぱり、もち米といっしょに食べたい料理です。

さあ、今月のタイの地方料理クラスも本日開講が決定いたしました!
今月は「東北部料理」。
こちらもイサーン(タイ東北部)といえば…の
「ガイヤーン(鶏肉のあぶり焼き)」と
「ソムタムプーケム(カニ入りソムタム」
代表的な2品の登場です。

こちらももち米とともに~♪を楽しみに、ぜひお待ちしております。

お申し込みはこちらをどうぞ

最後になりましたが、この日にお越しくださったみなさま、
誠にありがとうございました!

11/13 定番タイ料理クラス/体験レッスンタイ料理 - 2016.12.04 Sun

ちょっとまえになりますが、11月13日(日)
「定番タイ料理クラス/体験レッスンタイ料理」の
様子をご紹介します。

この日のメニューは「鶏肉のラープ」
炒ったお米の香りが香ばしいお料理です。

IMG_2246.jpg

材料の一部。

IMG_2260.jpg

デモンストレーションでは先生が手際よく、
材料を炒ったり炒めたり。
プロの作り方を、ご受講生の方々は、
目の前で熱心に見つめていらっしゃいます。

「定番タイ料理クラス」は、タイ料理や、
お料理教室自体に初めてご参加なさる方も多いので、
みなさま新鮮に感じることも多いことでしょう。

IMG_2261.jpg

先生の見本を味見した後、いよいよご受講生のみなさまが
作ります。先生は写真からもわかるように、
親しみをもってひとりひとりに指導してくださいます。

IMG_2262.jpg

みなさまの盛りつけの様子です。
この後カオニャオ(もち米)といっしょにラープを召し上がっていただきました。

みなさま楽しんでいただけたでしょうか。
「ラープ」クラスは、しばらく予定がないのですが、
ご興味のあるかたはまたぜひ、
機会をねらってご参加くださいね。

この日のご受講生のみなさま、ありがとうございました!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

thaitecchan

Author:thaitecchan
錦糸町にある「タイ教育・文化センター」タイ料理コースのレッスンの様子やメニューをご紹介します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
タイ料理基本コース (101)
タイのおやつクラス (4)
かんたんタイ料理コース (2)
ワンプレートタイ料理クラス (25)
タイの地方料理クラス (9)
オススメ(旧こだわり)タイ料理クラス (13)
ナムプリック(手作りペースト)クラス (20)
お知らせ (57)
毎日のこと (3)
料理コースについて (5)
クラススケジュール (3)
定番タイ料理クラス (19)
タイ料理中級コース (40)
フュージョンタイ料理 (3)
気まぐれタイ料理クラス (18)
特別クラス (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR