FC2ブログ
topimage

2014-11

タイ料理基本コース第6期・第7期 4回目 - 2014.11.29 Sat

基本コースも4回目を迎えました。

今回のメニューは、「牛肉のオイスターソース炒め」と「トムカーガイ」です。

まずは「牛肉のオイスターソース炒め」。

タイでは定番のメニューですね。

こちらは先生のもの。

DSC_6521m.jpg

そしてこちらは、生徒さんの作品。

DSC_6538m.jpg

できあがりの感じが少しずつ違うのがわかるでしょうか。
具がたくさん入れば入るほど、炒める時間がその分長くなります。
そうすると、火力やその時間によって、仕上がりの色や水分量が変わってきます。
もちろん味も変わってきます。
試食の時にほかのグループとの味の違いを確かめることができるのも、基本コースならではですね。
毎回驚きの声があがっています。

もう一品は「トムカーガイ」。ココナツミルクを使った鶏肉のスープです。

やわらかいカー(ナンキョウ)を使って香りよく仕上げること、そしてココナツミルクの特徴を考慮した調理がポイントです。

DSC_6528m.jpg

もりつけもていねいに…

DSC_6523m.jpg

こちらは先生のもりつけです。

DSC_6524m.jpg

白いスープですので、緑や赤い色が入ると、とてもきれいですね。

次回は、石臼を使ってペーストから作る料理を学習します!
スポンサーサイト

タイ料理基本コース第6期・第7期 3回目 - 2014.11.15 Sat



基本コースの第3回目は、タイ料理の基本となるスープストックを作るところからはじめます。
材料も作り方もいたってシンプルなのですが、きれいな澄んだスープを作るにはそれなりにコツが必要です。

6445.jpg


鶏の甘味がでたスープは、タイ料理において万能な食材。さまざまな料理に使うことができます。
スープをとった後の鶏ガラについていた肉も無駄にはしませんよ!

6446.jpg

(何に使うかはヒミツです)

そして、タイの主食であるお米の様々な炊き方も実習しました。
まずは、お粥。

6448.jpg

タイ米は粘り気が少ないので、さらっとした、でもやわらかい、おいしいお粥が炊けます。

休憩をはさんで、後半はご飯を炊くところから始まりました。

6452.jpg

そのご飯を使って、豚肉の炒めご飯、前半に作ったスープストックを使って、海苔の入ったスープを実習します。

6460.jpg

炒めご飯にそえる野菜をきれいにもりつける方法も練習します。

温かく見守るオーム先生。

6464.jpg

そして、こちらができあがった料理です。

6469.jpg

6467.jpg

野菜でせっかくの料理を隠さないように、スープを入れる量に気をつけましょうなど、
盛り付けにおいても先生からの講評がありました。

丸一日の実習、おつかれさまでした!



タイ料理中級コース第2期 7回目 - 2014.11.15 Sat

タイ料理中級コース第2期 7回目

今月は、チューンポン先生がタイ料理クラスを担当しています。
中級コース第2期7回目のメニューは、豚骨で出汁をとったスープのライスヌードルと、
ロッチョンと呼ばれるデザート。

ライスヌードルは、スープをじっくり1時間以上煮込んで作ります。
ていねいに煮込んだスープは、甘味とコクがしっかりとでて本当においしい!

6503.jpg


こちらは先生の盛り付け例です。
スープを注いで食べるだけでなく、「ヘン」と呼ばれる汁なし麺の作り方もおしえてくれました。

6506.jpg

6507.jpg

6510.jpg


こちらは生徒さんの作品です。
スープと麺の量の違いで、見え方が全く違いますね。どれが一番おいしそうに見えるでしょうか。
長時間のスープ作りでお腹がすいていたこともあって、みなさん何杯もおかわりしていました。

もう一品の「ロッチョン」は緑色のにょろっとした不思議な形のデザートです。
隙間(チョン)から押し出して(ロッ)作るので、ロッチョンという名前がついています。
こんなにさらっとした液体を

6482.jpg


火にかけてとろっとするまでねっていきます。

6481.jpg


中級コースでは火にかけてねるという作業を経る料理が多いので、みなさんもうお手の物ですね。
そして、専用の器具に入れて…

6489.jpg


押し出します!

6494.jpg


みなさん大興奮!

なかなかご家庭では作る機会のないデザートですが、タイで気軽に買えるデザートが
実はどのようにできているかを知ることもとても大事な学習です。

最後に、中部と南部の料理について座学をして終わりました。おつかれさまでした!


軽食クラス 「カレーパフ」 - 2014.11.01 Sat



秋の特別クラス第2回目は、「カレーパフ」を作りました。
「カレーパフ」とは、パイ生地でカレーを包んで、さくさくっと揚げたスナックです。
おいしくてつい食べすぎてしまうと、後から「うっ」ときてしまうという、なんとも危険なスナックでもあります。

こちらは先生のデモンストレーションの様子。

6391.jpg

カレーパフは、基本餃子の様な半円形をしているのですが、手前のもののようにUFO型にすることもあるそうです。
中に甘味のあるあんを入れたときにこうすることが多いとのこと。
カレー味のものとすぐに見わけがつくようにするためですね。
ちなみに、あんがカレー味じゃなくてもタイでは「カレーパフ」と呼ぶそうです。

6398.jpg

ここからひだをよせる作業にみなさん苦戦していました。

6395.jpg

先生が、手とり指とり教えます。

先生にこのように手をまわされると(抱かれると)上手にできるという迷信?までクラスの中で生まれました。

6401.jpg

6406.jpg

できた!

6402.jpg


最後に揚げたら完成です。
こちらは生徒さんの作品です。おいしそうですね。きれいなきつね色に揚がっています。

6405.jpg

しょうがのお茶と一緒にいただきました。

6409.jpg

今回で、アマラポン先生の授業は終わりです。
1か月間、本当にありがとうございました。

軽食クラスは次回11月27日(木)に行われます。
タイでもほとんど見ることのできない「カーンカーオ・プアック」を作りますので、お楽しみに。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

thaitecchan

Author:thaitecchan
錦糸町にある「タイ教育・文化センター」タイ料理コースのレッスンの様子やメニューをご紹介します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
タイ料理基本コース (103)
タイのおやつクラス (4)
かんたんタイ料理コース (2)
ワンプレートタイ料理クラス (26)
タイの地方料理クラス (11)
オススメ(旧こだわり)タイ料理クラス (14)
ナムプリック(手作りペースト)クラス (21)
お知らせ (58)
毎日のこと (3)
料理コースについて (5)
クラススケジュール (3)
定番タイ料理クラス (19)
タイ料理中級コース (45)
フュージョンタイ料理 (3)
気まぐれタイ料理クラス (19)
特別クラス (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR