topimage

2013-02

『タイ料理基本コース第4期』の募集が始まりました! - 2013.02.26 Tue

お待たせしました!
『タイ料理基本コース第4期』の募集が始まりました。
まだ先の8月開講予定ですので、じっくりご検討ください!

今回は、第1期・第2期と同じ木曜日の開講となります。
土日での開講をお待ち頂いた方には、申し訳ございません。。

まだ当センターにいらしたことのない方は、通常レッスンに一度お越しください!
募集要項も配布しておりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡くださいませ。

HP詳細はこちらからご確認いただけます。

Foodex用基本
スポンサーサイト

タイ料理基本コース 第5回目 - 2013.02.26 Tue

タイ料理基本コース 第5回目レポートです。
今回も先週に引き続き、タム先生が講師を務めます。

今回の実習メニューは、
「ゲーン・ソム(ゲーン・ソム)」
「豚肉のナムプラー風味揚げ(ムー・トート・ナムプラー)」の2品です。

2品とも、個人的にも大好きな、相性の良いメニュー!
ゲーン・ソムは酸っぱい&辛いが交互にやってきて、やめられない止まらない味です。

材料はとっても少ないですが、ゲーン・ソムはペーストから作りますよ。
DSC_6780.jpg

前回、大変そうだったクロック使いですが、今回も大変そうでしたね。
コツをつかまないと、どんどん力を消費してしまう…。

ゲーン・ソムは、キムチスープに似ていると言われるそうですが、確かに!

タム先生がペーストを作っていく過程で、香りを嗅がせてくれるのですが、
唐辛子、にんにく、ホムデーン、カピと加えていくにつれて、韓国らしい香りが…
DSC_6790.jpg

ムー・トート・ナムプラーは、あまりにもあっという間にできあがってしまったため、
写真がありません。

こんなに簡単なのに、こんなにおいしいなんて…と初めて食べる生徒さんは感動していましたね。
こういうちょっとしたお料理をもっと学びたい、という意見も頂きました。
DSC_6829.jpg

2品の調理が終わるころ、おもむろにタム先生がカイチアオ(玉子焼き)を作り始めましたよ。
ゲーン・ソムといえば、カイチアオというくらい、相性の良いつけあわせ。

ゲーン・ソムは油を全く使わないお料理なので、ナムプラー揚げやカイチアオなど、
油を使ったつけあわせと食べると、バランスのとれた献立になるそうです。

DSC_6849.jpg

それにしても卵の数以上に…
DSC_6845.jpg

油がたっぷり!
これも初めて見た生徒さんはびっくりしていましたね。

タイのカイダーオ(目玉焼き)も、カイチアオ(玉子焼き)も、
揚げ焼きに近いので、油はたっぷり使います。

DSC_6842.jpg

そのおかげで、外はかりっかり、中はふわふわな仕上がり。

DSC_6844.jpg

最後は講評と試食で、本日も終了です。
お疲れさまでした!
DSC_6840.jpg

FOODEX2013出展のため、次回レッスンはかなり空いて3週間後!
みなさん、お家でたくさん復習してくださいね。

料理コーススタッフは、FOODEX2013にてフュージョンタイ料理のデモンストレーションを行います。
3月5日~3月9日までの4日間、1日2回のデモンストレーションです。

タム先生の作ったお料理を試食出来ますので、来られる方はぜひブースまでお越しください。
試作を試食しましたが、とってもおいしい!新しい味でした。

ブースナンバーなど、詳細は後日お伝えします。




タイ料理基本コース第3期 4回目 - 2013.02.19 Tue

2月16日の回より、タム先生のレッスンです♪

いつもダー先生が立っている場所にタム先生が立つと、大きいですね!
実際、タム先生は大きいのですが…

DSC_6298.jpg
レッスンスタイルも、個性が出ますね。
タム先生はアーティストタイプ…繊細かつ大胆な教え方という印象ですね。

手を洗いながら、「Happy birthday to you♪」と歌っている姿がキュートです。
お誕生日の歌の長さが、手をきれいに洗うのにちょうどいい時間だとか。

クロックの使い方も男らしいんです。あっという間にペーストのできあがり。

第3期の生徒さんにとって、初めてクロックを使うレッスンでしたが、
なかなかペーストにならず苦労していたようですね。

DSC_6344.jpg

今日のメニューは、
「ゲーン・リアン(エビのホットスープ)」
「トゥアキアオ・トム・ナムターン(緑豆のジンジャーシロップ煮)」
zairyou0216.jpg

ゲーン・リアンは、初めに出て来たクロックを使い、ペーストから作ります。
ホムデーンとグラチャイ、カピペーストがすっきりかつ癖になる風味のスープ。

そして…ゲーン・リアンには欠かせないメンラックというハーブも使います。
この寒さで葉っぱはすっかりしんなりと…それでもとても良い香りがしますね。

menrak.jpg

タム先生の「ゲーン・リアン」
DSC_6326.jpg

そして「トゥアキアオ・トム・ナムターン」
DSC_6331.jpg

さて、次回は「ゲーン・ソム」と「ムー・トート・ナムプラー」の2品。
またクロックを使って、ペーストから作りますよ!

2月21日はグリーンカレー! - 2013.02.15 Fri

今日も寒いですね…しかも雨降り…。
いまにも雪になりそうな、どんよりとした空

タイ料理という気分ではないかもしれませんが、
こういう時こそ、南国の食べ物を食べて元気を出しましょう!

2月20日(水)のワンプレートクラス開講が、本日決定しました!
メニューは前のブログでもお知らせした、魚の浮き袋スープです。
引き続き、お申込み受付中

2月21日(木)の定番タイ料理クラスは「グリーンカレー」、まもなく開講決定です。
市販のペーストを使って作りますが、ちょっとしたコツでもっとおいしくできますよ♪

市販されているグリーンカレーキットやタイ料理本でも
間違ったレシピが書いてあることが本当に多いので、正しい作り方をぜひ知って欲しい!!
という気持ちでいっぱいです。

グリーンカレーがお好きな方、お店の味を、お店よりおいしい味をマスターしてください!

クラス詳細はこちらから
DSC_3517.jpg

2月20日は「ガポ・プラー」! - 2013.02.13 Wed

タム先生がタイよりやってきました。
以前よりも一回り…または二回り大きくなっているような…。
なぜかコートを持ってきていないそうで、毎日とっても寒そうです

さて、次回のタム先生レッスンは『ワンプレートタイ料理クラス』

☆2月20日(水)19:00~21:00
「魚の浮き袋スープ(ガポ・プラー)と温かいしょうがドリンク(ナーム・キン・ローン)」
魚の浮き袋や鶏肉、たけのこなどを具にし、タイの調味料で味付けしたとろみのあるスープ。
私も大好きな、身体のあたたまるお料理です。

ドリンクもたっぷりのしょうがを使っているので、身体があたたまりますよ!
まだまだ寒い2月、おいしいタイ料理でもうひとがんばりしましょう!

お申込み引き続き受付中です!
DSC_1017.jpg

タイ料理基本コース第3期 第3回目 - 2013.02.12 Tue

タイ料理基本コース 第3回目レポートです。

今回の理論レッスンは、スープストックの取り方、ごはんの炊き方、おかゆの作り方を学習します。

まずは前回の理論授業で学習したココナツについての補足と、
前回では実物のなかったココナツの芽を試食します。
ダー先生がココナツの芽を使って「トムヤム・ナムコン」を作ってくれました。
coconutme.jpg
そのまま食べると、筍のような食感。味は少し酸味があります。
私が今まで食べたトムヤムの中で、いちばん美味しかった…。
生徒さんからも、この作り方を習いたい!という声が上がっていました。
namsai.jpg

続いて、タイ料理の味の決め手となるスープストック作り。
鶏ガラと水だけで、じっくり煮出して、味の凝縮した透んだスープができあがります。
私も家で何度か作ったことはありますが、なかなか澄んだスープにはならず…。

今日の実習で作る「ゲーン・ジュー」の味の決め手となるスープストック。
ダー先生は濁ったスープが出来ると作り直すほど、基礎の基礎となる大切なスープです。
soup.jpg

スープストックを取り、おかゆの炊き方を実習したところで理論は終了です。

午後の実習スタート。
本日のメニューは豚肉の炒めご飯(カーオ・パッ・ムー)
海苔と豚つみれのスープ(ゲーンジュー・サーラーイ・ムーサップ)の2品。
材料がカラフルで春らしいですね。
watdip0209.jpg
とても簡単そうに見える2品ですが、似た材料が多いため、
実際に作る段階になって手間取ってしまうことも。

調理はあっという間に終わります。
「きちんと計って、使う順番通りに並べておくことがとても大切。」とダー先生。
第1期でも第2期でも「ใจเย็นๆ (ジャイ・イェン・イェン/冷静にね!)」と、
口癖のように言っている意味がよくわかりますね。
class20130212.jpg

ダー先生の「ゲーン・ジュー」
DSC_6220.jpg

そして「カーオ・パット」
DSC_6211.jpg

「カーオ・パット」には欠かせない「プリック・ナムプラー」。
私もこれなしでは「カーオ・パット」は食べられません!
DSC_6182.jpg

最後は先生の講評と試食で終了です。

「次にやる料理のレシピを一度、家で読んでくるように。」とダー先生。

当日初めてレシピを読むと、説明を聞いて書き写すことに集中してしまい、
先生のデモンストレーションを見逃してしまうことも、、、

一度読んで流れが分かっているのと何となく見ているのでは、理解度が違いますよね。
DSC_6218_20130212185014.jpg
そして次回のメニューは、
エビのホットスープ(ゲーン・リアン)
緑豆のジンジャーシロップ煮(トゥアキアオ・トム・ナムターン)の2品。

この授業を終えてダー先生は一時帰国のため、次回からはタム先生が担当します。
タム先生レッスンのレポートもお楽しみに!

タム先生! - 2013.02.05 Tue

当センターからのお知らせです。

料理コース専任講師のダー先生の一時帰国に伴い、タム先生が代講いたします。
期間:2/11(月)~3/21(木)
上記期間中に開講されるタイ料理クラスは、タム先生が担当しますのでご了承下さい。


さて、タム先生がどんな方かというと…
当センターにて長くご受講頂いている方にはおなじみの先生ですね。

「タイ教育・文化センター」が開講した2007年から2009年10月まで、
タイ料理コース専任講師を努めていた先生です。

タム先生2013

アジア最大の食の展示会「FOODEX 2011」の際にも来日し、
タイ王国ブースにてデモンストレーションを担当しました。

本校であるスアンドゥシットラチャパット大学でも、タイ料理の指導にあたっている、
とても信頼できる、優しい先生です。

初めての方も、以前習っていた方も、ぜひタム先生に会いに来てくださいね。

DSC_0013.jpg

タム先生の初回レッスンは、2月12日(火)のタイの地方料理クラスです。
メニューは、「ビーフンのココナツミルクソース炒め(ミー・ガティ)」と「豚肉入りタピオカボール」です。
引き続き、お申込み受付中!

DSC_0096.jpg

2/7は「ゲーン・パー」! - 2013.02.02 Sat

近日中の開講クラスのお知らせです。

2/7(木)ナムプリッククラス
「ゲーン・パーペースト作りと魚のゲーン・パー」開講決定しました。

「ゲーン・パー」は、タイ料理レストランでは「森のカレー」という名前がついていたりしますね。
ココナツミルクを使わずに、数種類の香辛料やハーブを入れるカレーです。
ココナツが入らない分、すっきりとした辛さが特徴。

ペーストにはナンキョウやレモングラスなどのハーブ、
クミンシードやコリアンダーシードなどのスパイスがたっぷり。
強い辛味の中にも、ハーブの香り高い上品な風味がします。

フレッシュな材料で、ペーストから作るゲーン・パー、ぜひお試しください!

辛いものが苦手な方は、少しびっくりしてしまうかも?!

ゲーン・ソムやゲーン・リアンなど、ココナツを使わないカレーがお好きな方には、
ぜひともおすすめしたいカレーです。

お申込み引き続き受付中です。
(前日の場合は、お電話にてご確認ください。)

詳細、お申込みはHPからお願いいたします。
DSC_6042.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

thaitecchan

Author:thaitecchan
錦糸町にある「タイ教育・文化センター」タイ料理コースのレッスンの様子やメニューをご紹介します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
タイ料理基本コース (98)
タイのおやつクラス (4)
かんたんタイ料理コース (2)
ワンプレートタイ料理クラス (25)
タイの地方料理クラス (8)
オススメ(旧こだわり)タイ料理クラス (12)
ナムプリック(手作りペースト)クラス (19)
お知らせ (57)
毎日のこと (3)
料理コースについて (5)
クラススケジュール (3)
定番タイ料理クラス (19)
タイ料理中級コース (38)
フュージョンタイ料理 (3)
気まぐれタイ料理クラス (17)
特別クラス (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR