FC2ブログ
topimage

2012-06

タイ料理基本コース 第13回目 - 2012.06.29 Fri

タイ料理基本コース第13回目レポートです。
実習もこれで最後、アッと言う間でしたね
この日は4メニュー、長時間の実習を予想して細かく材料が用意されています

zairyou.jpg

今日作るのは…
☆豚肉のマッサマンカレー(ゲーン・マッサマン・ムー)
☆揚げ春巻き(ポッピア・トート)
☆金の器に葉行った前菜(グラトン・トーン)
☆エビと鶏肉の網たまご包み(ラーティアン)

まず煮込み時間の長いマッサマンカレーから作り始めます。
ココナツミルクの分離のさせ方が、今までのカレーと違いますね。

nabe.jpg

続いて揚げ春巻きの具を作り、皮に包みます。
春巻きの皮は乾燥しやすく、かつ具を包むと水分が出てしまうので、包んだらすぐ揚げましょう。


こんがりきれいな色に揚がっています

harumaki.jpg

春巻きを揚げ終わったら、本日の山場?
ラーティアンの網たまごを作ります。

ちなみにラーティアンはタイの宮廷料理のひとつで、とても華やかなお料理。
非常に手がかかるので、屋台などでは食べることはできません。
繊細な網目状の卵に、ひき肉と海老を炒めた具を包んだフィンガーフード
食べてしまうのがもったいない…。

tamagokansei1.jpg

網目状の卵を作る道具もありますが、今回は簡単かつきれいに作れる秘密兵器を用意
知りたい方は、ぜひコースを受講してくださいね。

みなさん、初めてながら非常に綺麗な仕上がり!
この卵焼きに予想外の才能を発揮する人もいたりして…

tamagoyaku.jpg

tamago.jpg

この網目状の卵をひとくちサイズに切り、具を巻いていきます。
あまりの小ささと卵の多さに、しばしみなさん黙々と作業

まず3品作ったところで講評の時間です。

kouhyou.jpg


ここまでの所要時間4時間半、さすがにみなさんお疲れですね~
ですが…、まだ1品残っています

最後に作るのは「金の器に葉行った前菜(グラトン・トーン)」
こちらもタイ宮廷料理のひとつ。
タイでは器だけ売られていますが、教室では器から作ります。
Dusit(6-02-06)_063.jpg

上新粉や小麦粉、石灰水などの入った生地を専用の型で揚げます。
コツをつかむまでは底に穴が空いたり、広がってしまったり…。
でもすぐにコツを習得し、どんどん揚げていきます。
ageru.jpg

ほんのり甘く、さくさくとした型。
バナナなどのフルーツやアイスクリームに合いそうですが、
ダー先生曰く、「生地がしなっとするから、水分のあるものはだめ」とのこと。

kata.jpg

生徒さんの作品。美しく仕上がっています。

kinnoutsuwa.jpg

すべてが完成したのは18時過ぎ…
休憩もそこそこに、みなさん本当にお疲れさまでした

基本コース全15回のうち、実習があるのは今日が最後!
来週は理論テスト、最終回は実習テストが待っています

受講生のみなさん、がんばってください







スポンサーサイト

満席のお知らせと話題のCM - 2012.06.26 Tue

また余談からのスタートですが…
現在放送中のDOCOMOのCMで、タイ語が使われていますね

タイ人役の男の子が素敵で、調べてみたのですが…
残念ながらタイ人ではなく、ミャンマーと日本のハーフ「森崎ウィン」さん。
タイ人じゃなくても…いい笑顔です

お店の外観も気になって調べてみたところ、東京は小川町にある「グリーンパッタイ」さん
かわいいお店ですね~、機会があったら行ってみたい!

ちなみに「明日も一緒にがんばろう!」は「プルンニー マー パヤヤム ドゥアイガン ナ」
と言っていますね。
※片仮名表記にて失礼します。

タイ語的にちょっと?マークも浮かびますが、素敵なCMなのでヨシ!


さて、余談が長くなりましたが、タイ料理クラス満席のお知らせです。
ブログでお知らせする間もなく、あっという間に満席になってしまいました

内容をちらっとお知らせすると「トムヤムクン・ナムコン」。
こちらの方が食べ慣れている方も多いかも?
クリーミーで濃厚なトムヤムです

残念ながら今回は満席ですが、またこの「特別クラス」が開講されるかも?
その時はなるべく早めにお知らせしますので、お申込みくださいね


IMG_8210.jpg

タイ料理基本コース 12回目レポート - 2012.06.23 Sat


「タイ料理基本コース」第12回目レポートです。

この日は理論もカービングも終了し、1日に4メニューを実習します。

メニューは…
☆エビと野菜のホットスープ(ゲーン・リアン)
☆焼いた豚肉のサラダ(ヤム・ムー・ヤーン)
☆さくさくクワイのココナツミルクがけ(タプティム・グローブ)」
☆鶏肉のイエローカレー(ゲーン・カリー・ガイ)」

材料もたくさんありますね。
DSC_1893.jpg

DSC_1894.jpg

さすがに4メニューもあるので、炙ったり、潰したり、作業もいろいろ。

個人的な話ですが、この日レポート担当の私、なぞの高熱でお休みしていたため、
全体像が掴めておらず、さらっとしたレポートにて失礼いたします

DSC_1896.jpg

DSC_1903.jpg

最後は講評の時間。
写真は「鶏肉のイエローカレー」と「さくさくクワイのココナツミルクがけ」
どのチームもきれいに仕上がっていますね

DSC_1916.jpg

今週の第13回目も4メニューの実習、それが終わると筆記試験、実習試験がやってきます。
あと3回のレポートをお楽しみに!

チェンマイのおいしいお店 - 2012.06.17 Sun

日曜日、晴れてきましたね

先ほどラジオで、歌手のクリスタル・ケイさんが、
「タイ文字でクリスタルって書いてあるペンダントがお気に入り!」
「タイ文字ってかわいいですよね、タイに行ってみたい!」と

サイトをチェックしてみると…確かにかわいい
私も今度、18金で作ってみようかな。と思いました
気になる方はこちらから。

さて、前置きが長くなりました。
料理コースブログ、今日は番外編でチェンマイのおいしいお店をご紹介

当センタースタッフは、みんな大のチェンマイ好き。
特にスタッフIさんは、チェンマイに留学していたので、とにかく詳しいんです!

今年の1月はIさんとチェンマイで合流、ディープなチェンマイを案内してもらいました

おいしいお店が数々ある中で、私のお気に入りはこのお店。
「クン・チューン」!!

チェンマイでは誰もが知っているベジタリアン・レストラン。
お昼のビュッフェがおすすめです。(1月現在129THB=約304円)

この看板が目印。ニマンへミン通りのsoi17にあります。
(※soiというのは~路地、の意味。)

a0241644_20305776.jpg

お店の中はすべてビュッフェスタイル。
サラダバーには、タイでは不足がちな生野菜&ドレッシングいろいろ。
飲み物もジンジャーティーやパンダンリーフティーなどなど。

a0241644_20322633.jpg

お客さんがお料理を取っているので、サイドメニューの写真ばかりですが

お料理もカオ・パッドから揚げもの、炒めもの、
カノムチーン・ナムギアオやカオソーイなど盛りだくさん。
トッピングもこんなにきれいに並んでいます。

a0241644_20353010.jpg

この蒸し野菜がおいしかった!何種類かナムプリックがあって、かけて頂きます。

a0241644_2033191.jpg

もちろんデザートもありますよ

a0241644_2035240.jpg

チェンマイでは少し高いお店(と言っても300円)ですが、
ベジ料理とあって、たくさん食べられる&あっという間に消化します。

お店も広々、芝生の庭が見渡せてのんびり。

このお店が日本にあったらなぁ~と心の底から思います
でももし日本にあったら、ビュッフェで2000円以上かな。。

みなさまもぜひチェンマイに行かれる際は訪れてくださいね~

タイ料理基本コース第11回目 - 2012.06.15 Fri

「タイ料理基本コース」 第11回目レポートです。
ようやく終りが見えて来ましたね

今日はニンジンでお花、葉っぱを作ります

DSC_1731.jpg

今日でカービングは最終回、6回のカービングで皆さんかなりの上達ですね

DSC_1739.jpg

今日の実習メニューは「ブアローイ・ファクトーン(ココナツ白玉)と
「ゲーン・パネーン(パネーンカレー)」の2品。

今日はいつもより材料が少なく、みなさん安堵の表情
DSC_1744.jpg

こちらの写真は当日のものではないのですが、
ダー先生作のパネーンカレー。

汁気が少なく、ソースと豚肉がからんで美味しそう

DSC_0446.jpg

そしてブアローイ・ファクトーン。
タロイモを使ったもちもちっとしたお団子がココナツミルクの中に入っています。
私も大好きなタイのおやつです

DSC_0259.jpg

豚肉をうすーく、うすーく切るのが意外と難しいようですね。
先生が各テーブルを回って、切り方を指導しています。
DSC_1773.jpg

そして、こちらも基本コースではおなじみの作業。
こぶみかんの葉を細く細く千切りにします

DSC_1779.jpg

材料が少なく、さっと出来そうに見えても、なかなか手ごわいパネーンカレー。
ココナツミルクを分離させたり、火の加減で煮詰まってしまったり…

そしてココナツ白玉も、生地をちょうどいい加減に練る作業や
ひとつひとつ、ひびが入らないよう、大きくなりすぎないように丸くしていきます。

クルクルクルクル…かなり時間がかかりましたね

DSC_1811.jpg

そして最後は講評の時間。

DSC_1817.jpg

みなさん、先生の話を真剣に聞いていますね

DSC_1825.jpg

12回目、13回目は4メニューの実習という長丁場

楽しみです

タイ料理基本コース 10回目レポート - 2012.06.12 Tue

第11回目前に間に合いました!
基本コース第10回目レポートです。

10回目のカービングは大根で作ったバラ

前回よりもさらに繊細ですね

DSC_1514.jpg

ドーン先生の作品、完成形はこちら。
花びらの1枚、1枚が、生き生きしていますね~。

DSC_1518.jpg

本日の実習メニューは…
「ホーモック・プラー(レッドカレー風味の蒸し物)」と「カーオ・タン・ナー・タン(タイ風おこげ)」
3種類のココナツミルクの使い分けが大事なポイントでしょうか。


ホーモックの器の作り方を説明するダー先生。

DSC_1536.jpg

こちらが器の完成したもの。
底が広く安定しています。

DSC_1530.jpg

ダー先生のデモンストレーション
まずは「カーオ・タン・ナー・タン」。
DSC_1548.jpg

そして「ホーモック・プラー」
先生は「あまりきれいに出来なかった…」とご不満な様子

DSC_1567.jpg

今回は2種類のおこげを使っていますが、
種類によって見た目や歯ごたえが全く違います。

DSC_1586.jpg

最後は毎回恒例のダー先生による講評。
こんな風に、各チームの作品が並びます。

DSC_1604.jpg

この日も揚げあり、蒸しあり、と長時間の実習でした

みなさんお疲れさまでした!!

今週木曜日は第11回目、カービングは最後の日となります。
実習メニューは「ブアローイ・プアック(ココナツミルクのタロイモ団子)」と
「パネーンカレー」の2品です。

お楽しみに!

おかげさまで満席となりました。 - 2012.06.10 Sun

今朝出勤して、いつものようにパソコンを開き、
デスクトップの画像を何気なくクリックして、思わず笑いました

当センターのスタッフ、オンさんの決め顔写真(笑)
うーん、いつも見ている彼とは明らかに違う…
この美意識にはいつも驚かされると同時に、なごみますねぇ。
気になる方は会いに来てくださいね。

当センターのマスコット的存在、オンさんのインタビューはこちら→

大幅に話の筋とはずれてしまいました。。
本題に戻って、タイ料理コースのお知らせです。

おかげ様で満席のクラスが増えております

7/3のグリーンカレー、7/27のガパオ炒めは満席。
7/10のヤム・ウンセンも満席となりました

6/22のトムヤムクンも残りわずかです。お早めに!


やはり夏が近づくと、タイ料理が食べたくなるのか…?
スカイツリーのおかげで錦糸町に注目が集まっているせいか…?

昨日のJ-waveでは錦糸町特集!
なんとゲウチャイも紹介されていましたね

確かラジオで言っていた、ゲウチャイのおすすめメニューは「ゲーン・ソム」
私のゲウチャイおすすめメニューは「ネーム・クルック」
行かれる方はぜひお試しを♪


6月中のまだ間に合うおすすめクラスは、

6/19(火)13:00~ ワンプレートクラス
メニューは、「やわらか牛肉のライスヌードル(クァイティアオ・ヌア・プアイ)」
屋台の定番!やわらかく煮込んだ牛肉を具にしたスープ入りのライスヌードル。

そして「タイ風アイスコーヒー(ナーム・オーリアン)」
タイに昔からあるコーヒーの粉を使ってネルドリップして作ります。


DSC_0081.jpg

おいしそうですね、今すぐ食べたいです

平日ですが、たまたまお休み!という方はぜひ♪

クラスの詳細、お申込みはこちらから。

木曜日は基本コース! - 2012.06.07 Thu

3月に開講した第1期基本コース、本日で10回目を迎えます

こちらのコースは、スアンドゥシット大学のカリキュラムをそのまま学べるコース。

当センターの開校以来、日本に住むタイ人向けに行っていたコースを、
今期初めて日本人の生徒さんを対象に授業を行っています。

毎回のレポートをお伝えしようと思いつつ、お伝えした通りすでに10回目

1回さかのぼって、第9回目のレポートをお伝えします!

第6回目から始まるカービングレッスン。
スアンドゥシット大学のドーン先生が担当。

curving1.jpg

こんな風に、初めは先生のデモンストレーションから始まります。
生徒のみなさんも、先生の手元に集中。

デモンストレーションが終わると、各テーブルに戻ってカービングです。

9回目のこの日は大根。
この柔らかな線が難しい

DSC_1291.jpg

カービングのレッスンが終わると、休憩を挟んで料理の実習に入ります。

この日は「トート・マン・プラー」と「ミー・グロープ」という難しい組み合わせ。
材料もかなり多く、この日も実習も長時間かかりました。

DSC_1305.jpg
こんな風に材料が用意されています。
うまく余りが出ないよう計量することも大事な作業、とダー先生がよく言っています。
ほんの少しの計量の差で、色や味も変わってくるんですね


ダー先生作のトート・マン・プラー。
先生は色が少し濃いことが不満な様子。
時間が経っても、もちもちした歯ごたえがとっても美味。

DSC_1330.jpg

そしてミー・グロープ。
美しい盛り付けですね
DSC_1334.jpg

先生のデモンストレーションが終わると、実習の開始です。
この日は長丁場、終了したのは18時を過ぎていました。
生徒のみなさんもさすがにお疲れの様子

DSC_1340.jpg

最後は各チームごとの料理を並べて、ダー先生の講評です。
この時間になると、雰囲気が引き締まりますね。

盛り付けのアドバイスやルール、引き算や足し算、奥が深いです!

後片付けをして、この日は終了、
みなさん、おつかれさまでした!!


最後に…
基本コースの中で流行っている(?)のがこちら↓DSC_1347.jpg

形はいろいろですが、マグネットタイプのクリップ。
場所を取らず、かつレシピが見やすいのが人気の秘密でしょうか。

効率的な作業をする生徒さん、目のつけどころがさすがです

次回、11回目の前に10回目のレポート…間に合うかな?
お楽しみに!





人気メニューをマスターしませんか? - 2012.06.06 Wed

昨日は「タイ料理定番クラス」パッタイのレッスン日でした!

「タイ料理1000円体験教室」は5月いっぱいで終了しましたが、
同じメニューを「タイ料理定番クラス」にて学習できます

残念ながら、受講料は1000円ではなく2500円ですが、その価値は十分ありますよ

自己流で作るのと、きちんと習って作るのは本当に違います
意外と知らない事、目からウロコな事、小さなコツもたくさんあります。

昨日のパッタイは、タイ料理の中でも少し難しいメニュー。

米麺をくっつかないように、ぶつぶつ切れないようにしながら、
卵やソースときれいにからめていく…

DSCF8649.jpg
おいしそうですね~、おなかがすいてきました。

次回は8/7と少し先ですが、パッタイ好きな方はぜひお早めにお申込みください!
すでに7/3のグリーンカレーは満席、7/27のガパオ炒めもまもなく満席!

前回お知らせしたばかりの「特別クラス~ヤム・ウンセン」もまもなく満席です

クラスのスケジュールはこちらから。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

thaitecchan

Author:thaitecchan
錦糸町にある「タイ教育・文化センター」タイ料理コースのレッスンの様子やメニューをご紹介します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
タイ料理基本コース (103)
タイのおやつクラス (4)
かんたんタイ料理コース (2)
ワンプレートタイ料理クラス (27)
タイの地方料理クラス (13)
オススメ(旧こだわり)タイ料理クラス (15)
ナムプリック(手作りペースト)クラス (22)
お知らせ (60)
毎日のこと (3)
料理コースについて (5)
クラススケジュール (3)
定番タイ料理クラス (19)
タイ料理中級コース (46)
フュージョンタイ料理 (3)
気まぐれタイ料理クラス (19)
特別クラス (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR