FC2ブログ
topimage

2020-04

3月のタイ料理クラス - 2020.03.06 Fri

3月のタイ料理クラスのご紹介です。

【タイの地方料理クラス】
タイ国内でも、北や南、東北地方と風土にあった様々な地方料理があります。
日本ではなかなか食べる機会のない地方料理を学んでみませんか?
タイ料理の奥深さを知ることのできるクラスです。
20200319-2--------------.jpg
3月19日(木) 13:00~16:30
・ข้าวมันกะทิ
カーオマン・ガティ(ココナッツ風味ライス)
・แกงเผ็ดไก่
水の代わりにココナッツミルクで炊いたご飯です。ココナッツミルクの甘い香りがし、ほどよい塩気と甘味がご飯にしみこみます。
鶏肉のレッドカレー(鶏肉のレッドカレー)

ペーストにターメリックを入れた南部地方独特のレッドカレーで、一緒に食べるココナッツ風味ライスに合う味付けとなっています。付け合わせとしてエビの甘煮、揚げ小魚などがあり、酢漬け唐辛子やレモン汁でお好みの辛さや酸味を調節していただきます。


【ワンプレートタイ料理クラス】
タイの屋台やレストランで食べられるような麺類・ご飯類の一皿料理を学習するクラス。
一緒にタイのデザートも作ります。

3月26日(木) 13:00~15:30
・ก๋วยจั๊บญวน
クワイジャップ・ユワン
・บัวลอยญวนใบเตยมะพร้าวอ่อน
クワイジャップというとくるくると巻き上がった米麺のイメージがありますが、今回のクワイジャップ・ユアンはベトナム風のクワイジャップで、細めのもちもちしたベトナム米麺を使用します。具にはムーヨー(タイソーセージ)や豚ひき肉などを入れます。
ブアローイ・ユワン・バイトゥーイ・マプラオオーン(ヤングココナッツ入りパンダンリーフのもちもちだんご)

緑豆の餡を入れたパンダンリーフの香り豊かなもちもちのおだんごを、甘いココナッツミルクに浮かべて、ココナッツの実といっしょに楽しむデザートです。

【オススメタイ料理クラス】
ご飯のおかずだけにとどまらず、軽食やお酒のおつまみ、お菓子、めずらしい料理などさまざまなジャンルから、先生がオススメする料理を学習するクラスです。
20200328-1-----------------.jpg20200328-3-----------------.jpg
3月28日(土) 13:00~16:30
・คั่วไข่กุ้งใบโหระพา
クア・カイ・グン・バイホーラパー(卵とエビのバジル炒め)
・ต้มยำไข่ปลาใส่มะม่วงดิบ
卵とエビにタイのバジル「ホーラパー(スイートバジル)」を加えて炒めた料理。中華鍋を使ってより香りを引き出します。
トムヤム・カイプラー・サイ・マムアンディップ(グリーンマンゴーと魚卵のトムヤムスープ)

魚の身と魚卵を使ったクリアなトムヤムスープ。グリーンマンゴーを加えることで甘酸っぱい良い香りと風味が加わり、さらにおいしさが増します。

【定番タイ料理クラス】
日本でもよく知られているおなじみのタイ料理を、ご自宅でもお手軽に且つ本格的な味が出せるように、丁寧にご紹介いたします。初めて当センターのタイ料理教室をご受講なさる方や、タイ料理に初めて挑戦なさる方におすすめのクラスです。
DSC_1508000.jpg
タイ風焼きそば(パッタイ)
日本でもタイ語の「パッタイ」ですっかりおなじみのタイ風焼きそば。色とりどりのたくさんの具が入っており、見た目からしておいしそうな一品です。辛くないので、どなたでも気軽に楽しめます。

既に開講人数まで達しているクラスもございますので、ご検討中の皆様、早めのお申し込みをお待ちしております。
タイ料理 お申し込み
スポンサーサイト



タイ料理基本コース・中級コースご受講生募集中! - 2019.12.03 Tue

タイ料理基本コース

この「タイ料理基本コース」は、タイ料理をより深く基本的な部分から学びたいという方を対象としています。コースは全90時間で、理論科目では、タイ料理の背景にある基礎理論や材料、調理用語などの基本的な知識、盛りつけの基本を、実習科目では、基本となるタイ料理を学習します。料理の作り方を習うだけでは物足りない、タイ料理をもっと基本からきちんと学習したいという方に適したコースです。

※コース詳細は、「募集要項」をご覧ください。本HPよりダウンロードも可能です。

コースの目的
1. タイ料理に関わる用語や技術を知る。
2. タイ料理に使われる食材や調味料の状態や味から保管方法までを知る。
3. 調理器具や器を適切に準備することができる。
4. 材料を料理に適した状態に切ることができる。
5. 調理室や調理器具の洗い方や保管方法を知る。
6. 複雑な工程がない料理の調理をすることができる。
7. 基本的な盛りつけができる。

授業内容
1.コース期間2020年1月16日(木)~2020年8月27日(木)
2.授業時間数全15回(90時間)
3.授業日程木曜日(月約2回)11:00~18:00(休憩1時間)
・前半と後半に分けて理論授業と実習授業を行います。時間帯に関しては開講後随時ご説明いたします。
・授業内容によっては終了時間が前後することがございます。予めご了承ください。

授業スケジュール
※基本的に上記日程通りに開講する予定ですが、台風などの天候不良や地震などの天災、タイ政府の公務等により日程が変更する場合もございます。
各日の授業内容は「コーススケジュール」をご覧ください。本HPよりダウンロードも可能です。

修了条件
1.出席率が全学習時間の80%(12回/72時間)以上であること
2.修了試験(筆記・実習)に合格すること
上記2点の条件を満たした受講生には、当センターより修了証書を発行いたします。
受講料
¥200,000-(税込)
上記の金額には材料費・教材費等、すべての諸経費が含まれます。
分割でのお支払いも承らせていただきます。

応募方法・締切日
1.応募方法
まずは「募集要項」「コーススケジュール」内容をよくご確認ください。お申し込みの際は、指定の申込書の全項目にご記入、写真貼付の上郵送、FAX、メール添付、または直接ご来校にてご提出ください。
※「募集要項」「コーススケジュール」「申込書」は、本HPよりダウンロード可能です。どうぞご利用ください。
2.応募締切日
2020年1月6日(月)必着
3.開講規定人数
定員は10名様で、応募数6名様以上より開講いたします。
2020年1月7日(火)に最終的な開講決定をし、順次ご連絡いたします。


【タイ料理中級コース】

「タイ料理中級コース」は、基本コースにてタイ料理の基本を習得後、さらにタイ料理を深く詳しく学びたいという方を対象としています。
コースは全100時間で、理論科目ではタイ料理の歴史から地方料理、さまざまなカレーペーストの基本的な知識を、実習科目では、理論で学習したことをふまえ、地方料理やペーストから作る料理、複雑な工程を経て調理するタイ料理を学習します。

受講条件:弊センターの「タイ料理基本コース」を修了した方

1.コース期間2020年1月18日(土)~2020年9月19日(土)
2.授業時間数全17回(100時間 )
3.授業日程・前半と後半に分けて理論授業と実習授業を行います。

※「募集要項」「コーススケジュール」「申込書」は、本HPよりダウンロード可能です。どうぞご利用ください。
https://www.thaitec.jp/food/course/longtearm-beginner/

longterm_mid.jpg

12月のタイ料理教室スケジュール! - 2019.11.29 Fri


【定番タイ料理クラス】
日本でもよく知られているおなじみのタイ料理を、ご自宅でもお手軽に且つ本格的な味が出せるように、丁寧にご紹介いたします。初めて当センターのタイ料理教室をご受講なさる方や、タイ料理に初めて挑戦なさる方におすすめのクラスです。。

★12月10日(火) 19:00 -
・グリーンカレー(ゲーン・キアオ・ワーン)
代表的なタイカレーの一つ「グリーンカレー」を作ります。
このカレーの特徴はなんといってもこの美しい緑色で、「キアオ・ワーン」とは「薄い緑色」という意味です。
色が特徴的なわりに、お味はうっすらとした塩味で、甘みもある食べやすいカレーです。
DSC_351711.jpg


【ナムプリッククラス】
タイカレーやスープのベースとなるペースト「ナムプリック」を一(イチ)から手作りするクラスです。

★12月3日(火) 19:00~
・ナムプリック・ゲーン・ブムバイ
น้ำพริกแกงบุ่มไบ่

タイの三大カレーの一つ、イエローカレーと、世界的においしい料理として有名なマッサマンカレーの、ナムプリックを作る際の材料(の一部)を使って、ペーストを作ります。
・ゲーン・ブムバイ
แกงบุ่มไบ่
ナムプリック
・ゲーン・ブムバイを使って、鶏肉や野菜の入ったカレーを作ります。
ココナッツミルクの濃厚さと甘みの中に、クミンなどの香り豊かなスパイスがピリッと効いたカレーです。
20191203-111.jpg20191203-311.jpg


【気まぐれタイ料理クラス】
先生のひらめきとアイデアで、「ぜひみなさんに食べてもらいたい!」と思った料理を学習するクラスです。

★12月5日(木) 19:00~
・タム・クンソット・サトー(生エビとサトー豆のソムタム風和え物)
ตำกุ้งสดสะตอ

主にタイの南部地方で食され、独特の香りと旨味のある「サトー豆」と、生のエビを使って、タイの有名な和え物「ソムタム」風にアレンジした料理です。
生野菜とカオニャオ(もち米)と一緒にどうぞ。
20191205-211.jpg


【先生のオススメタイ料理クラス】
ご飯のおかずだけにとどまらず、軽食やお酒のおつまみ、お菓子、めずらしい料理などさまざまなジャンルから、先生がオススメする料理を学習するクラスです。

★12月7日(土) 13:00~
・ヘット・クア・ナムプラー(揚げキノコのナンプラー炒め)
เห็ดคั่วน้ำปลา

シンプルな料理でこそありますが、ナンプラーの風味がタイらしさをぐっと引き立てる、ごはんによく合うおかずです。
・トム・カー・ガイ・サイ・フアプリー(バナナの花入りトムカーガイ)
ต้มข่าไก่ใส่หัวปลี

「トムカーガイ」という鶏肉のココナッツミルクスープに、「フアプリー」というバナナの花を入れます。
フアプリーは、タイでは日常よく使われている食感のいい食材です。
20191207-211.jpg20191207-411.jpg


【タイの地方料理クラス」
タイのさまざまな地域の、特色あるバラエティに富んだ料理を学びます。

★12月12日(木) 13:00~
・タム・ナーン・ムー・サームチャン(ナーン・ムー(発酵豚肉)作り)
ทำหนางหมูสามชั้น

豚バラ肉を塩と砂糖で発酵させる工程を学びます。
(発酵には3、4日かかりますので、レッスンでは、事前に準備した物も使用します。)
・ゲーンクア・ナーン・ムー
แกงคั่วหนางหมู
発酵させた豚バラ肉(ナーン・ムー・サームチャン)と、ココナッツミルク、酸味のあるタケノコの漬物を使ってカレーを作ります。
発酵食材特有の酸味が活きる料理です。
20191212-111.jpg20191212-311.jpg


【ワンプレートタイ料理クラス】
タイの屋台やレストランで食べられるような麺類・ご飯類の一皿料理を学習するクラス。
一緒にタイのデザートも作ります。

★12月14日(土) 13:00~15:30
・クアイティアオ・クア・ガパオグロープ(ガパオ炒めの混ぜ麺)
ก๋วยเตี๋ยวคั่วกะเพรากรอบ

一般的に「ガパオ炒め」は
ご飯と一緒に食べるイメージですが、こちらのメニューはライスヌードルとガパオ炒めを別々に調理し、混ぜながらいただく、当センター料理担当ダー先生オリジナルの麺料理です。
・サークー・ブアローイ・マプラオオーン(バタフライピータピオカのココナッツミルクデザート)
สาคูบัวลอยมะพร้าวอ่อน

人気のバタフライピー(タイ語では「アンチャン」)で色付けしたタピオカボールを、甘いココナッツミルクに浮かべて、ココナッツの実といっしょに楽しむデザート。
ココナッツの白に色鮮やかなブルーのタピオカが映える一品です。
20191214-211.jpg20191214-311.jpg


お申し込みはコチラから↓
冬のタイ料理教室スケジュール

みなさまのお申し込みお待ちしております。

ナムプリッククラス ★チューチーカレーペースト - 2019.11.29 Fri

ナムプリッククラス

【本日のメニュー】
・チューチーカレーペースト
・昔ながらの汁なしチューチー炒め

香りの良いカレーペーストです。
カー、レモングラス、こぶみかんの皮、パクチーの根を良く叩き潰します。
DSC_01831.jpg DSC_01861.jpg

DSC_01881.jpg DSC_01911.jpg

カレーペーストを使って炒め物を作ります。
かりっと揚げた小さな魚とチューチーペーストの炒め物です。
最後に細かい千切りにしたこぶみかんの葉を入れて、もう一度全体を混ぜあわせます。
20191112-11.jpg 20191112-31.jpg

「チューチーは」汁気のないタイのカレーの一つです。

今回のチューチーは昔ながらの調理方法で作られた炒め物です。
ペーストを良い香りが出るまで炒めてから、コクのあるオールドココナツの実を削ったものを加え、
カリッと揚げ、丸ごと食べられる魚と混ぜ合わせた料理です。

ナムプリッククラスは、タイカレーやスープのベースとなるペースト「ナムプリック」を一から手作りするクラスです。
作りたてのペーストの香りは本当に良い香りがします。

定番タイ料理クラス ★カーオ・パッ・クン(タイ風エビチャーハン) - 2019.11.29 Fri


-定番タイ料理クラス-
日本でもよく知られているおなじみのタイ料理を、ご自宅でもお手軽に且つ本格的な味が出せるように、
丁寧にご紹介いたします。初めて当センターのタイ料理教室をご受講なさる方や、
タイ料理に初めて挑戦なさる方におすすめのクラスです。
また、タイ料理の得意な方の復習などにもご好評いただいております。

★カーオ・パッ・クン(タイ風エビチャーハン)
タイのご飯とエビを、タイの調味料を使ってパラッと炒めたチャーハン。
タイの屋台や食堂で食べた「あの風味」が再現できます。

タイ風えびチャーハン

えびと卵とニンニク、たまねぎのチャーハンです。
シンプルな具と味付けで、あのタイのチャーハンが出来上がります。

DSC_000111.jpg

DSC_000211.jpg
少し硬めにご飯を炊いてパラっと仕上げます。
DSC_000411.jpg

カーオ(ごはん)、パッ(炒める)=日本でいうチャーハン。

卵の黄色が鮮やかで炒めた具材と調味料が香ばしく香り、塩味と少し甘味があります。

付け合わせに、きゅうり、万能ねぎ、パクチー、レモンを添えて出来上がりです。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

thaitecchan

Author:thaitecchan
錦糸町にある「タイ教育・文化センター」タイ料理コースのレッスンの様子やメニューをご紹介します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
タイ料理基本コース (117)
タイのおやつクラス (4)
かんたんタイ料理コース (2)
ワンプレートタイ料理クラス (32)
タイの地方料理クラス (19)
オススメ(旧こだわり)タイ料理クラス (19)
ナムプリック(手作りペースト)クラス (24)
お知らせ (71)
毎日のこと (3)
料理コースについて (5)
クラススケジュール (3)
定番タイ料理クラス (20)
タイ料理中級コース (57)
フュージョンタイ料理 (3)
気まぐれタイ料理クラス (22)
特別クラス (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR